2009年03月17日

本>文芸 「予告された殺人の記録」 作:G.ガルシア=マルケス

「予告された殺人の記録」,作:G.ガルシア=マルケス,新潮文庫です。
町をあげての盛大な婚礼の翌朝、一人の男が切り刻まれて殺された。
殺した男達と、殺された男は、昨夜共に酒を酌み交わし、共に騒いだというのに。
しかもその殺人が行われようとしていることは、様々な形で予告されていたというのに、
結局、その殺害は実行されてしまう。


物語は、そこにいたるまでにどのようなことが起こっていたのか?どのような人がどのようなことを感じ,思い,判断したのかを丹念に記述し,語られています。
事件が起きた時代と、その20年ほどのあと、事件がどのように、そしてなぜ起こったのかを調べようとする”私”の行動を織り交ぜつつお話が進みます。
それを語る中で、人間の(というより人間社会の)めぐり合せの悪さとか、個々の人間の弱さ、卑怯さ、臆病さからくる行動、ある種の無責任さ等々。。。人間とその共同体、組織といったもののあらゆる側面が、重厚に、そして重層的に描き出されていて、単純にこうであったという感想などとても書けないといったところです。
しかし、これは本当にすばらしい作品だと思います。 中篇というくらいの薄い文庫なのですが、これほどの密度を感じさせる作品はそうそう無いのでは?と思います。


この作品の誰もが、そんなに激しい憎しみや誰にも止められない意思を持って行動したというわけではないのです。 しかし、殺害を実行したものも、やりたくない。 しかし、やらなければ自分が周りから嘲笑を受けるかも?という恐れから(そこに弱さがある)、この行動に出たように思えて、個々人を有形無形に縛っている、共同体や組織の”常識”とか”こうあるべき”といったもの怖さを感じました。 そしてそこから自由であることが如何に難しく、時に勇気がいることか・・・・
この作品、人間のあまりの多くの側面を描き出しているために、全てを語ることなどできはしないのですが、読後約3週間たって、このことが大きく気になっています。


もう一つは、人間がどんなにその考え方を近代的に、または、クールに割り切って行動しようとしても、その生まれ育った環境で、教えられ、刷り込まれた様々な”当たり前””常識”といったものからは、そう簡単に自由にはなれないこともこの作品を読んで痛感します。
この作品で本当に殺人が起きた原因は、結局明確には判らないまま(少なくとも私には)だったのですが、直接のきっかけは、婚礼の夜、花嫁が処女でなかったことから、花嫁を家に帰したことに起因しています。
この花婿は、他の街から来て、非常にお金持ちで、何事もクールに、お金で解決しようとしていて、あまり因習にとらわれた思考をしないような感じに描かれているように思えたのですが、結局”花嫁は純潔でないといけない”という、今を生きている我々の感覚からすると、やはり古臭い常識にとらわれて、それゆえに、大騒ぎをし、この悲喜劇の幕を実質的に開けてしまいます。
そして我々も、、、彼らと同様やはり生まれ育った社会の当たり前に余りに縛られているでしょう。 私なら、不惑を超えるまでに生きてきた間の様々な刷り込み、昭和の後半〜平成という時代、大阪に生まれ育ったという場所的なこと、両親から受けた様々な教え等等。
そういった中で、多くの”当たり前”を持っていて、それに縛られているはずです。
(岡本太郎さんの言葉をお借りすると、そういったものの泥にまみれているのです。)
おそらく様々な場面で、この作中の人物達と同じとらわれがあることを、読んだ誰もが感じるのではないかと思います。


この作家さんは、「エレンディラ」という作品を読んで、その世界観にひどく惹かれて、なにかもう一作と思って、買ってみた作品なのですが、これも個人的には大当たりで、ここ最近読んだ小説ではダントツにすばらしい作品だと思っています。
始めは、ちょっと読み進みにくいところもあるのですが、読んで決して損は無い、すばらしい作品と思います。 ご興味を持たれた方は是非、お手にとって見てください。


posted by 大阪下町オヤジ at 02:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月10日

アート> 「椿ア和生作品展 淀河冬春」 アートスペース海月文庫

地下鉄 西中島南方駅から歩いて7〜8分。 アートスペース海月文庫で開催(3/4〜3/9)の「椿ア和生作品展 淀河冬春」を見てきました。

ほぼ抽象に近いくらいシンプルに川の水面と岸の線が作られていたり、淀川の堤防とその外側の下町の町並みが描かれていたり、冬の鴨が描かれていたり、、、といった感じで、淀川河畔の風景、情景を様々な素材、表現で描いた作品が展示されていた展覧会。

真四角でない木の板や、いかにも長い間外にさらされてきた色の木片で構成されている画面などがあったため、淀川の河原とかで見つけたもので制作されたのかな?と最初思ったのですが、そういうわけではないそうです。 しかし、なんとなく古い素材を用いて作られた作品が多く、そこが、素朴であったり、落ち着き、ほっとするような感じを与えてくれる、暖かい雰囲気の空間を醸し出していました。

木目を上手く生かした作品も多く、また、この方の版画作品も展示されていたのですが、それを見たせいでしょうか? なんとなく作品の雰囲気として版木のような感じを受けるものが多いような気がしました。 個人的にはそこが何ともいい味に感じられてとても良かったです。

この展覧会は、日曜日に見に行ったのですが、気温は結構暖かくて、途中の道の雑草がもうぐんぐん伸び始めていて、花がほころびそうになっている蕾があり,木の枝にも明らかに緑の芽吹きを感じさせる芽が出始めているのに気づいたりと、私があたふたと日を過ごしている間に、もう今年も3月に入っているのだと、改めて思い、いつもながらこういったことに迂闊な自分にちょっとあせりを覚えた日でした。 もう少し、こういった季節のさきがけと言ったものに敏感でいたいと、このところ思うのですが、日々の事に取り紛れていつも後手を踏んでしまっています。 ”反省!・・・・”ですね・・・・。
posted by 大阪下町オヤジ at 02:06| Comment(0) | TrackBack(0) | アートなこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月08日

アート> 「阿部順子展」 不二画廊

地下鉄 堺筋本町駅近くにある、不二画廊で開催中(3/2〜3/14)の「阿部順子展」を見てきました。

この方は過去何回か見させてもらっている作家さん。 2回ほど記事を書いています。
この方の作風は、抽象平面と言っていいと思います。 基本の技法はほぼ変わらずという感じで、砂と消石灰をまぜて水で練ったものをコテで画面にぬって、湿っているあいだに、引っかきや、顔料を使用しての色とかがつけてある画面です。


しかし今回、その表現は、結構変化がありました。 これまでは、画面の中に何らかの”形”が存在しているのがはっきり分かるという表現であったのですが、今回は、画面構成としては横一線、又は縦一線のストライプ模様という感じで、引っかき+色でその線状の模様が作られているという構成。 真ん中に線があるとか、半分模様があるとか、その幅、位置は作品によって色々でしたが、基本、線一つがあるという構成は共通のものでした。

短くシャープな引っかき傷がたくさん集まって一つの大きな線を感じさせるという構成。
最初ざっと見たときは、その線の方向がそろっている感じで構成されている画面がシンプルでうるさくなくていいかなぁ?と思ったのですが、それは、どんな技法だろう?と近くでじっと見ていたときで、その後、ちょっと距離を置いて空間全体を見る形をとってみると、ランダムで画面全体に引っ掻きがついている画面のほうが、むしろ画面全体として非常にいい感じになっているなぁと思いました。
やっぱり引いて見ないといけないなぁ・・・と改めて思った次第。


画面上には無数といっていい引っかき傷があるのですが、それらは全てペインティングナイフでされているとのこと。 しかもこの作家さんの画面は、乾くまでが非常に時間が短い技法だそうなので、短時間に集中して一気に描ききられた画面のようです。
それだけの集中力、勢いが維持できるというのはとてもすごいことと思います。


今回もとても良かった展覧会でした。 また次拝見するのが楽しみといった感想です。
posted by 大阪下町オヤジ at 11:19| Comment(0) | TrackBack(0) | アートなこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。