2009年04月30日

マンガ> 「この世界の片隅に」下巻 作:こうの史代

「この世界の片隅に」下巻,作:こうの史代,アクションコミックス,双葉社です。
この巻で完結です。 太平洋戦争末期の広島・呉,そこに嫁いだ、かなりのんびりな女性主人公“すず”の日常を描きながら戦争末期の困窮、物資不足、制約が増す社会、等々、本当にその時代の一庶民の生活が地に足の着いた形で描かれています。

この巻も日常生活の細かいディテールが描かれると同時に、通常描かれるような大局的な判断の様な、その時代全体を俯瞰したような見方が、如何に庶民にとっては縁遠いものであるかがはっきりと感じられます。 それだけにこういう作品が非常に貴重に思えた読後感です。

戦争はますます不利になってきて、毎日空襲警報に振り回される,すずの家族も含めた庶民達。 戦況は回復するわけでもなく、すずも片手を爆撃で失い、気持ちが一時的にバランスを崩しそうにもなる・・。 そして、広島への原爆の投下と敗戦,そしてそれでも人々は生き続けるというところで物語は終わっています。

よくニュースや太平洋戦争を振り返るドキュメンタリーで見る、天皇の敗戦の宣言にしても、庶民の感覚からすると、ラジオの音声が不明確であることも手伝ってか、なんだか明確な意思の宣言というより、なんとなく、結局負けたのか・・・という印象でしかなかったこと。 結局は誰かの思惑にただ振り回されただけであったのかという庶民の虚しい気持ちが伝わります。 その後のすずの心の中の叫び、”暴力で従わせていたから暴力に屈するのか”という言葉が、結局末端の庶民の正直な実感ではなかったか?と思いました。

私は今までも何度か同じようなことを書いていると思うのですが、国でも、会社でも、宗教でも、何であっても、組織のために個人が犠牲になるというのは基本的には良くないことだと思っています。(もちろん程度問題です・・・) 今ならマーケットに振り回されるというもの含むような気がします・・・・
そして戦争というのは、組織のためにその構成員の命を奪う、そして相手の構成員の個人の命も奪ってしまう。 だから基本的に良くないことと思います。


私がこの作品に非常に惹かれているところは、”人は生き続ける”というところが感じ取れるからであると思います。 通常、歴史のエポックというか、劇的な部分を扱った作品などは、その劇的な時期が終わった後の事まではあまり描かれてはいません。 しかし人間というのは、不幸でも幸運でも、何かドラマチックなことというのはそう長い期間のことではなく、それ以外の部分は、ごく日常を人々は生きていくものなのだろうと思います。そしてその期間の方が遥かに長いのです。
ささやかな楽しみ、ささやかな思いやり、愛情、そういったものに安らぎを見い出せるからこそ生き続けていける。 それが維持されること、それこそが本当に必要なことであると私には思えます。
 

理想のために、何かのために、ということはかっこいいし、ある意味美でもある、しかしその為に誰かの何かを踏みにじってしまうとしたら?それはどうなのだろう??と思います。個人個人が勝手なことを言って、勝手なことをしていられること(もちろん程度問題です・・)、、そのほうが、まだましな状況ではないのか? とやっぱりそう思うのです。 何かに無理やり従わせないと維持できないような社会よりか遥かにましです。

どうも最近は、”生き続ける”というところに私は惹かれていることが多いような気がします。 藤沢周平さんの”漆の実のみのる国”とか”風の果て”とか、井伏先鱒二さんの”黒い雨”とか、、そういった感じを受ける作品が気持ちに残っています。 そういったことこそ尊重すべきではないかという気分が自分の中に強くなっていると、改めて感じた作品でした。

とにかく一読の価値はある作品であると思います。 結構お勧めの作品です。 


posted by 大阪下町オヤジ at 01:44| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガの雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月26日

マンガ> 「GIANT KILLING」10巻 作:綱本将也,画:ツジトモ

「GIANT KILLING」 10巻,作:綱本将也,画:ツジトモ,モーニングKC,講談社です。
この巻は、ETUレギュラー陣の中核である、村越、ジーノ両選手が出場出来ない中、どうメンバーを組んで、次の試合に臨むか?で、次の川崎戦との試合の途中までが描かれています。


椿選手の描かれ方はあまり変わらず、色々新規にプレッシャーがかかる中、今は経験を蓄積中といった感じ。 ただ、彼を見出したというスカウトさんの発言が紹介されるなど、また新たな伏線が張られているような感じです。

また今回は、これまで脇であまり描かれていなかったベテラン選手の内面と、おそらくは彼らなりの成長が描かれるのでは?といった内容。 ただこの巻全体として、ちょっと盛り上がりに欠ける印象で、後は次巻のお楽しみという印象。 なので、この試合&この巻で色々描かれ始めている事の決着の多くは次ではっきりすると思われます。

それよりなにより、この巻で印象に残っているのは、試合相手の川崎の選手、八谷選手。 ちょっとどころか、相当に暑苦しいキャラクターで、かつ超個性的なので、他のストーリー的な要素、彼以外のキャラクター全てを食ってしまっているという印象。 (しかし試合中にこんなにしゃべれる選手って実際にはいるのでしょうか???その辺のところはさっぱりわかりませんが、どうなのでしょうね??)

どうも巻末の次巻紹介漫画のページだと、また意味深なコマがいくつかあり、又いろんなことが出てきそうな感じですね、この漫画、すでに10巻ですが、まだ達海自身のことはあまり掘り下げられていませんね、彼がなぜ選手から監督になったか?という辺りが語られだしたら、お話全体が終盤ということか?と思っているのですが、いまの調子だとまだまだ先のような気がします。
posted by 大阪下町オヤジ at 02:32| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガの雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月20日

アート> 「岡アゆみこ展」 ギャラリー猫亀屋

南海電車 みさき公園駅から歩いて15分ほど、海に近い辺りに位置している、ギャラリー猫亀屋で4/16〜4/23まで開催中の「岡アゆみこ展」を見てきました。

この方の作品は、抽象平面。 油彩で、まず地の色を塗っておいて、乾いてからもう一色を重ねて、そこを引っかいて線を引いて模様を描くというもの、引っかいたところは下の地の色が見えて、それで線がより判るという作風。 色的には、白地に黒か、逆に黒字に白というモノトーン。 一枚、グレーの作品がありました。 

引っかきは、ぐるぐると渦巻く感じの曲線が、小さな作品では少なく、大きい作品ではたくさん、その引っかきの線の太さや画面の中の配置等で印象は色々でしたが、引っかきに流れ、勢いが感じられて、動きと迫力があり非常に良かったです。
(今回は、太目の引っかきの作品が多く展示されていました。)


私が今回の作品で良かったと感じたのは、太目の線の引っかきで構成された白の作品。どちらかというと引っかきで出てきた下地と、上の色とのコントラストがはっきりしているものよりもやや穏やかになっている作品のほうが個人的には好きでした。

また、このギャラリーに行くのに、本当に久しぶりに南海電車に乗りました。 みさき公園という駅に降りたのも初めてのような気がします。(みさき公園という名前自体は知っていたのですけど) こういうあまり行かない所にいけたという意味でもなかなか良かったです。
posted by 大阪下町オヤジ at 09:03| Comment(0) | TrackBack(0) | アートなこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月19日

アート> 「浅利美織展」 信濃橋画廊5、

地下鉄 本町駅近くにある、信濃橋画廊5、で開催中(4/13〜4/25)の「浅利美織展」を見てきました。 信濃橋画廊の5階にある2つの内、小さいほうの展示室での開催。

この方の作風は、ビニールで大きな円筒状であったり、色々その会場にマッチした形の風船のような形状の物を作って、そこにフィンで空気を送り込んで膨らませて、その状態で展示空間に置くという、オブジェとも、インスタレーションとも言える感じの作品。 今回も展示空間非常にマッチしていて、とてもいい空間が作り出されていました。

この5、の展示室は、小さいコンクリート壁の展示室なのですが、その空間の奥から手前まで大きな透明ビニールの四角状の風船が占めていました。 その風船は、ちょうど真ん中に細いワイヤーがひもで縛るようにかかっていて、少しくい込んでいて、へこんでいます。
風船全体は、奥が高く(170cmくらい・・),手前が低い(足元くらい・・)その斜めの角度もいい感じで、展示室を構成している展示物の要素は、非常に少なくて、シンプル極まりない構成といえるのですが、その配置や構成が展示空間に実にいい感じに収まっていて、
今回もとても良かったです。


ただそこにある、それですごくいいという、本当にいい感じでした。 いつもながらですが、足を運んでよかった展覧会。 又次の機会があれば出来るだけ足を運びたいです。
posted by 大阪下町オヤジ at 03:08| Comment(0) | TrackBack(0) | アートなこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月15日

アート> 「松田彰、」 信濃橋画廊

この記事ももう終わってしまった展覧会の情報になります。 しかし記事を書かなかった1ヶ月弱の期間の中で見た作品で、一番印象に残っているものなので、書いておきたいと思います。
地下鉄 本町駅近くにある、信濃橋画廊で3/30〜4/11まで開催していた「松田彰 「言葉のように」」を見てきました。 信濃橋画廊の地下の一番大きい展示室です。

この方の作品は、つやのある表面の木の板の上に四角に切ったり、不定形に切ったりした紙を貼り付けて、その紙を鉛筆で黒く塗りつぶして、塗り残しの形でシャープな白い線が残っていたり、飛沫のように白い点が残っていたりという感じの画面。
鉛筆で執拗に塗りつぶされている部分の感じが面白く、筆圧のせいでしょうか?ちょっと凹凸があるようにも感じられて、とてもいい黒でした。
※鉛筆というお話であったのですが、ちょっと光の反射具合と、黒の筆致のかすれ具合などから、むしろチャコールペンシルか細身のパステルの黒のような(又は木炭か??)のような印象を最初は受けた表面の具合でした。


一番いいなぁと感じたのは、ほぼ全面に紙が貼られていて、下の木の板がほとんど見えないほど黒一色の作品。 特に、ちょっと上の部分にT字型みたいな感じに黒のはみだしがあった作品が構成的にとても面白く思えて一番印象に残っています。(奥の壁面に3枚続きで展示されていた作品)

この方の作品のもう一つの魅力は、その塗りつぶしという、いかにも手の作業が感じられる要素と、その中に、電動ののこぎりで、切込みを入れたようなシャープな直線が切れ込みとして存在していて、その対比がとても良かったです。 画面がとても緊張感のある引き締まったものになっているように私には思えました。 絵の具で線を引くということではなく物理的に下の板まで切れ込みを入れているということでより一層そう思えるような気がします。

これも要素が少なくてかつとてもいいという、個人的に好みの作風でした。 又見てみたい作品でした。
posted by 大阪下町オヤジ at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) | アートなこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月13日

マンガ> 「絶対可憐チルドレン」16巻 作:椎名高志

かなり久しぶりの記事になってしまいました、、、そんなつもりは無かったのですが、”今日は、まあいいか”というのがずるずる続いて、結果的には前の記事から約1ヶ月近く間が空いてしまいました。 このところ、あたふたしていたのも確かなのですが、ここまで書かないのは良くないですね。(反省・・です)

「絶対可憐チルドレン」16巻,作:椎名高志,少年サンデーコミックスです。
この作品自体、3/18日発売でした、大概購入してすぐか、数日遅れくらいで書いているのに、これ自体が大幅な遅れ。。。。 まあここから仕切り直しということで、、、、


この巻から、チルドレンが中学生時代に突入しています。 エピソード的には”反抗作戦第一号”,”スクール・デイズ”,”シャドウ・オブ・ザ・チルドレン”の3つと”ファントム・イン・パラダイス”の途中までが収録されています。

中学生ということなので、絵的には当然ながら、チルドレンは身長も伸びて、等身もあがっています。 大人のキャラクターは変わらずですね。


で、読んでの感想なのですが、正直いまひとつ楽しめないままでした。 一つには、中学生編に入って、まだ色々な事が紹介段階にあるからかも知れないのですが、まずは伏線を色々張ってますという所のような気がしました。(特に黒い幽霊関係で・・)

もう一つは、どうも、小ネタ含めて、各所のギャグのノリにどうもついていけない(またはなじめない)ものを感じたせいもあるように思っています。
特に、”シャドウ・オブ・ザ・チルドレン”の辺りのいわゆる”萌える”(??)系統のノリというか展開は、何が元ネタで、どう笑わしてもらったらいいのか戸惑うことが多く、もはやついていけないか??という気分になりました。


まあ、まだ判断するには早すぎる段階です。 元々好きな作品なので、しばらくは様子見で継続購入していくと思います。 お話的にも、新たな面白さを見つけて、読んでいければと思っています。

表紙絵は、影武者チルドレンを操る2人、ティム・トイとバレット。 (チルドレンはこの巻からは中学生姿で) 構図と背景色、バランスはとてもいい感じですね。 ティム&バレットのグリーンの服と、穏やかな赤紫の背景色がちょうどマッチしているという印象です。
posted by 大阪下町オヤジ at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガの雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。