2010年01月03日

本>自然・科学 「恐竜はなぜ鳥に進化したのか」 作:ピーター・D・ウォード

今年の2ネタ目としてこれを、
「恐竜はなぜ鳥に進化したのか」−絶滅も進化も酸素濃度が決めた−,作:ピーター・D・ウォード,文芸春秋です。
一つ前の、「ワンダフル・ライフ」と同じく、生物進化ものです。

今、現生している生物の中で、酸素をもっとも効率的に取り込む機構を持っているのは鳥類です。
そしてその呼吸機構である、”気嚢システム”を持っているのが今の生物では鳥類で、それは恐竜から引き継がれたものなのだそうです。

この気嚢システムというのは、我々が持っている肺の機能の改良版のような感じの機能と構造で、
より大気中の酸素を効率的に取り込むことが出来るものだそうです。
それゆえに、渡り鳥などは、人間では歩くことすらままならない様な高度でも、飛行という恐ろしくエネルギーを消費する
活動を行なうことが出来るとのこと。

で、この作品では、そういうところから更に拡大して、生物が生まれてから、哺乳類が主役となっている白亜紀以後くらいまでの生物の進化とその興隆,絶滅を環境中の酸素濃度の変化とそれを如何に体内に取り込むか?そのボディーデザインが大きな要因をなしていたという論調で生物進化全体を俯瞰しようという作品になっています。

非常に興味深いし、面白い内容でした。 一読する価値は十分にある作品です。
ただこれも、ちょっと注意点を書いておきたいと思えるところがあります。
この作家さんは、”酸素濃度”という一点に着目し、それが生物の興隆に与えた影響を記述されているわけですが、それを重視しすぎていて、全ての生物の進化、興隆がその一点のみで左右されたかの如く書いておられる所があり、その辺りはあまり引きずられないように注意が必要と思いました。

確かに大きな影響を与える因子であるのは確かなように思えましたが、ただそれのみで生物の進化や興隆が
決定付けられるものでは無いように私には思えました。
単純に一言では言えない、複雑な要因が絡まりあって、興隆が起こってきたと言う所ではないのか?と思います。

この作品は、非常に長い時間的スパンでの生物進化を扱っているので、これを読むと、人類の歴史というのは本当に生物の歴史の中のほんの一瞬に過ぎないと改めて思います。
今、人類は、地球上で一番影響力がある生物種でありますが、地球全体の歴史の中では、計測することが難しいほどに僅かな期間生存しているにすぎません。
私が生きている間に人類が絶滅するのは、大規模な戦争を除くと余り可能性が無いように思いますが、地球全体の歴史の中で大きな存在となるかどうかなんて誰にも確かなことは言えないだろうなぁと、この作品を読んで思いました。
恐竜などのように、地球の歴史の中である程度の期間存在していたという存在に人間はなるのでしょうかね??
今人類が滅んでしまったとして、化石が残ったとしても、ほんの一瞬のあだ花のような存在ということになるような気がします。

なんとなく、色々な悪条件が発生しても、科学の力や、人類の英知的なものが駆使されて、人類は生き延びる、またはますます発展していくと何となく思っているように思います。 SF小説や、ドラマの影響でしょうね・・・
でも冷静に、または冷笑的に考えるならば、何億年か先に地球の地層を発掘した存在があったとしたら、
”ちょっとの間、ひどくこのホモサピエンスと言う生物が増殖したんだなぁ・・・”と言われるだけの存在かもしれません。
(というか、その可能性のほうが高いのではないかと思います)

なんだかんだで色々なことを考えさせてくれたという点も含めて、なかなかいい作品でした、これもお薦めです。
単行本で買ったので、2200円くらいした本で、こういう本で内容的に面白くないと、非常にショックが大きいのですが、
これは買った甲斐がありました。


posted by 大阪下町オヤジ at 01:59| Comment(0) | TrackBack(1) | 本の雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。