2009年02月28日

マンガ> 「ベントラーベントラー」1巻 作:野村亮馬

「ベントラーベントラー」1巻,作:野村亮馬,アフタヌーンKC,講談社です。
時代設定は、ちょこっと未来というくらい。 いろんな異星人(この作中では外星人と呼んでいます)がなんとなく住み着いていたり、時々トラブルが起こったりといった状態で、そんな外星人の絡んだトラブルの対処がお仕事の、外星警備課に勤務している主人公”すみちゃん”。 のんびり、ほのぼの、まったりと、色々起こる外星人が絡んだトラブルに対処していくといった雰囲気の、ゆるめのSF作品。

”ベントラーベントラー”という言葉は、たしかUFOを呼び寄せるときにつかうおまじないの言葉であったという記憶があるのですが、この作中では、外星人絡みの事件を解決するのに外星人の力を借りようとしたときの隠語として使われています。

外星人が絡んださまざまな問題が起こるわけですが、基本的に、地球を侵略しようとか、その事件によって人類のモラルが揺り動かされるといった深刻なことは全くなしで、なんとなく軽〜〜いノリで、なんとなく丸く収まってしまっています。
逆に、そういったいかにも深刻になりそうな状況を作っておいて、それをあっさり、まーえーかなーー。。。と落としてしまうところがこの作品の面白みであると思います。


一番それを感じたのは、”世田谷トリプレッツ”のエピソードで、外星人が調査のため子供のコピーを作ってしまったのですが、そのコピーが数年の時間差で帰ってきてしまうというもので、オリジナルの子供とコピーの子供の間でいろんな相克があったり、家族が受け入れられるのか?といった、人や、家族のアイデンティティを問いかける重い重いテーマと展開になってもおかしくないところが、一晩家族の家に泊まっただけで、”他人とは思えない”とあっさり受け入れられて、すっかり家族団らんになっているという、馬鹿馬鹿しいほどの丸い治め方でした。(でもこの作品の雰囲気にとても合っている)

まあこの作品は、あまり難しく考えずに、キャラクター間の軽いノリの会話と展開を楽しめばいい作品だと思います。 そういう意味では結構楽しめた作品。 なかなかいい味です。
しかし、この味で何時まで面白みを維持できるか、何時までネタが続くか?は疑問が残るところです。
ある程度の巻数でスパッと終わらせた方が、作品としてまとまるのでは?という気がします。


でもこの作家さんは、SF関係に非常に造詣が深いのかな〜と思いました。 ロボットの呼び方についての薀蓄もそうですし、ブレードランナーのネタを出すあたりも。。。

この作品、私は結構気に入りましたが、SFが好きで無い人は、全く面白くないかもしれないとも思いました。 だから意外と好みが分かれる作品かもしれません。


posted by 大阪下町オヤジ at 03:25| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガの雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。