2009年08月05日

アート> 「キタイギタイ ヒビのコヅエ展」 伊丹市立美術館

伊丹市立美術館で開催中の「キタイギタイ ヒビのコヅエ展」を見てきました。
7/25〜9/23の開催です。


この方は、「コスチュームアーティスト」ということなのだそうです。 紹介文などを読んでみると、多くのTV番組や舞台の衣装を手がけておられると同時に個展などもやっておられるとのこと。

展示作品は、全て、着たり、身につけたり出来るもので、その範疇でさまざまな素材、デザインで面白い造形をしてみようといった作品でした。 服としての機能性、実用性といったものではないので、やはり服飾というより、コスチュームでのアートというほうがしっくり来る作品。

個人的には、ファーのようなふわふわした感触のものよりも、素材としては、むしろプラスチックのテープを使って作ったような硬質な感じのする素材を使った表現のほうが面白く思えました。 全体の感想としては、実に色々な素材を使われていて、そういうものを見ることが出来たという点では、なかなか面白かったと思います。

ただ、展示としては、余りにこの方のいろんな作品を並べてあったので、ちょっと目移りするような気分になりました。 もう少し、1つの展示室では1つの傾向の作品を並べた方がより見る側の印象に残るのではないかなぁと思いました。


あまり、こういった傾向の作品を見に行くことが無いので、なかなかいい経験でした。 この伊丹市立美術館は、いつもいい企画展をしてくれるので、結構楽しみにしているのですが、今回も、余り知らない傾向の作品を見ることが出来て勉強になったと思っています。


posted by 大阪下町オヤジ at 02:09| Comment(0) | TrackBack(0) | アートなこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。