2009年08月24日

アート> 「アート大阪2009」 堂島ホテル

梅田と地下鉄肥後橋の間(肥後橋より)にある、堂島ホテルで今日まで開催(といっても3日間のみ)のアート大阪2009に行ってきました。
大阪だけでなく、京阪神、東京、名古屋、その他アジアのギャラリーも含め、合計47のギャラリーが作品を紹介しようというもの。 会場は、同ホテルの11階〜8階のホテルの各部屋が会場で、1画廊一部屋で作品を展示してありました。


会期は、8/21,22,23の3日間なのですが、8/21は招待者と美術関係者のみの入場で、一般の入場が出来るのは8/22,23の2日間のみということでした。 私は、今日開催されたターナー社のアクリル絵の具に関するレクチャーを聞いてみたかったので、今日行って来ました。

ホテルの部屋という独特の空間に、各ギャラリーが紹介したい複数の作家さんの作品を展示していたり、一人の作家さんの個展形式を取ったりという感じで、色々趣向を凝らした展示になっていました。

いっぱい作品を見たので、ちょっと記憶が曖昧になってしまっているのですが、面白いと思えた作品を書き出してみますと、、
乙画廊さんの、田中幹さんという方の、薄い透明の樹脂を塗ってそこに数字のゼロをたくさん描いて散らしているというのを何層も何層も重ねて深み、奥行きを出している平面作品。
深緑の色が静かに深くて、非常にいい画面でした。

Ruud Van Empelさんというどこの方かはっきりわからないのですが、写真の作品。
黒人の子供が植物いっぱいの背景の前にいるという複数の写真の合成で作った作品という感じなのですが、背景の植物は、おそらく前景の人物と比較すると、実際には小さなものを拡大して使っているような感じで、加えて人物自体も、プロポーションのバランスが妙にアンバランスになっていて、肌のつやも作ったような光らせ方になっていて、見ていて非常に違和感を覚えて、でもとても気になった作品。 これは東京の画廊の展示作品でした。


他にもいいなぁと感じた作品(主にシンプルな抽象作品でしたが・・)がありましたが、詳細は忘れてしまいました。。。。
全体の感想を書いて見ますと、やはり、何かしら具象のテイストを持っている作品が多くを占めているように思いました。 抽象というのはやはり少数派であったように思います。


しかし、実際会場を回ってみますと、何とも人が多くて、見て回るの正直大変でした。
ホテルの部屋って、基本的に一人ないしは数人の人間が出入りする空間なので、これだけたくさんの人間が出たり入ったり、通路ですれ違ったりというのには向いてないですね。
そこも含めると、やはり8/21の招待者、関係者への紹介がこのイベントのメインであるのでしょうね。 今日のようにひっきりなしに人が来るのでは、画廊の方もゆっくり商談というわけにも行かないでしょうから。。。


もう一つ、今日聞いたターナー社のアクリル絵の具に関するレクチャーについても少し書いて見たいと思います。 タイトルは、「現代絵画材料の発展と歴史〜モーリス・ルイスからパラモデルまで」というもので、油絵の具以降、主にアクリル系絵の具の開発の歴史、どういった成分が使われてきたかの変遷、どう使われてきて、今の現状は?という辺りをざっと概説してくれるというものでした。
私は、こういった知識が余り無いので、知らないことが多く、なかなか勉強になりました。
アクリル絵の具って、最初は水溶性じゃなかったんですね。。 今あるのがほぼ全部水溶性なので、てっきり最初からそうなのだと思い込んでいました。
また、製品としての絵の具をどう作るかについては、たとえばその透明度に関して言うと、顔料自体の持つ透明度があり、その特性を生かして絵の具を作ろうとすると、どうしても基とする顔料にその絵の具としての透明度が影響する。 しかし、そうでなく不透明にあえてする製品シリーズもあり、その辺りをどう製品としてつくり、ユーザーに提供するかは、それぞれの作り手の考えで変わってくるとの事。(透明度だけに限らず、つやの度合いをどうするかとか色々・・・) そういった辺りを聞いたりできたのも面白かったです。


posted by 大阪下町オヤジ at 02:55| Comment(0) | TrackBack(0) | アートなこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。