2006年12月28日

本>ノンフィクション 「盲導犬クイールの一生」 写真:秋元良平,文:石黒謙吾

「盲導犬クイールの一生」,写真:秋元良平,文:石黒謙吾,文春文庫PLUSです。
盲導犬として生きた、ラブラドールレトリバー、クイールの、タイトル通り生まれてからその死までを、写真と文章で綴った作品。 映像化もされたりしているのでかなり有名な作品だと思います。

いわゆる読んでじーんとくる感動のある作品と思います。 この作品は、あまりひねくれて読むのでなく、素直に読んで、じんわりと心に染み込ませれば、いいのではと思います。

時にはこういう素直に気持ちに来る作品をそのままに受け入れて、単純に感動するのもまたいいだろうと思います。

といった、前提つきで、一読してみてもいいのではと思う作品。


posted by 大阪下町オヤジ at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。